山陰海岸の香住町や、島根県の隠岐諸島など、世界ジオパークに認定されたありのままの大自然を体感できるツアーです。

トレッキングTOP > ジオパーク

おすすめ

香住
隠岐

ジオパークって何?

ジオパークのはじまり

『ジオパーク』という言葉を耳にされたことはありますか?おそらく初めて聞いたという方も多いのではないでしょうか。それもそのはず、世界ジオパークネットワークの発足は2004年の出来事で、今年で10年目を迎えた新しい言葉なのです。現在、世界ジオパークは30ヵ国100地域が認定されており、その中で日本は6地域が世界ジオパークとして認定を受け、活動をしています。日本でもその活動は近年活発化しており、2008年には日本ジオパーク委員会が発足し、2009年には日本ジオパークネットワークが設立されました。世界ジオパークに加盟するには、まず日本ジオパークネットワークの加盟が必要となり、そこらから世界ジオパークの加盟を目指します。

香住
地球をまるごと考える場所!それがジオパーク
香住

「ジオ(geo)」は、地球や大地という意味で、「ジオパーク」とは、科学的に見て特別に重要で貴重な、あるいは美しい地質遺産を含む一種の自然公園です。では「世界遺産」と「ジオパーク」はいったい何が違うのでしょうか?その大きな違いは、世界遺産は“保護”を目的とします。よって素晴らしい景色や遺産を来世に繋げていくことを目的としています。一方「ジオパーク」とは、“教育や地域の活性化”を目的としています。また、その“場所”だけを審査の対象とはしません。その土地で行われている教育やガイド養成、地域振興策というところも世界ジオパークに認定されるために大きな要因となっています。よって活動を怠ると、一度世界ジオパークに認定をされても4年に1度の見直しが実施され、世界から認定を外されてしまう可能性もあるのです。見直しが行われても、また世界ジオパークと名乗れるように、各地域がジオパーク活動に努力をしています。

そんな、ジオパーク旅行(ジオ旅)の楽しみ方は様々です。ジオパークには美しい大自然やその土地にある文化的建造物、あるいはジオパークでとれた食など、旅の目的に合わせた楽しみ方ができます。例えば、「夏休みの自由研究なにしようかな?」と悩むお子様をお持ちの方は多いのではないでしょうか。一つの提案としてジオ旅をおすすめします!各地域によって学べるテーマは違いますが、地球(ジオ)を研究するのに最適な場所です。また、大自然の中で普段感じることがない地球の声を聞いてみて下さい。カヤックに乗り、おもしろい形をした岩を観て、波の音を感じる。自分の足で野山を歩き、美しい花と出会い写真を撮る。そこでしか食べられないものを食べる。ジオの恵み温泉に入る・・・。思い浮かべるだけで素敵だと思いませんか。ビーウェーブのジオ旅はマイカーやフェリーなど、出発地やご予算、現地での目的に応じてプランをご用意しております。きっとお客様にぴったりのジオ旅が見つかります。

ジオパークマスター

ジオパークマスターとは、各ジオパークの見どころ、魅力を簡単に案内してくれる地元の宿泊施設や飲食店の人たちのこと。地元の人と言っても、きちんと「ジオパークマスター講習会」を受けないとジオパークマスターとは名乗れません。専門的な難しいお話ではなく、地元の人だからこそ知っている、その土地その土地の魅力を教えてくれます。「のぼり旗」や「シール」が目印になっています。
もし見つけたら、ぜひ情報収集に役立ててください!