小豆島に旅行に来たなら小豆島観光の見どころのひとつ、エンジェルロードへ。

小豆島ツアー

小豆島旅行TOP > 小豆島を観る > エンジェルロード

エンジェルロード

エンジェルロード~天使の散歩道~

小豆島を代表する観光スポット「エンジェルロード」は、干潮時だけ姿を現す神秘的な砂の道です。1日に2回、沖にある小さな島へと繋がる道が現れ、潮が引いている約2時間ほどの間だけ歩いて渡ることが出来ます。

大自然が創り出したこの美しい道は、大切な人と手を繋いで渡ると願いが叶うという言い伝えがあり、願いごとを書いた絵馬を木にくくり付けて帰るとより効果があるという噂も。

場所は土庄町の小豆島国際ホテルから直結。宿泊客はもちろん、そうでない方も別の入口から入ることが出来ます。季節によって干潮の時刻が変わるため、スケジュールを組む際には先にエンジェルロードへ向かう時間から決めのがオススメです。

季節や時間帯によって様々な表情を見せてくれるエンジェルロードは、まさに小豆島のシンボルとも言える人気スポットです。

住所 香川県小豆郡土庄町
時間 満潮と干潮の時間
料金 無料
休業日 なし
駐車場 あり(無料)
エンジェルロード
エンジェルロードとは?
引き潮になると海の中から白い砂浜の道が現れて、弁天島・中余島・小余島・大余島の4つの島を結び、歩いて渡れるようになります。エンジェルロードとはこの砂の道のこと。海の満ち引きで、毎日2回この大自然の不思議な造形美を観ることができます。※1番遠くの大きい島は無断で立ち入りできません。
エンジェルロードはどこにあるの?
エンジェルロードへは、土庄町(とのしょうちょう)にある小豆島国際ホテルの横から行くことができます。干潮時刻の前後2時間くらいに島がつながります。季節によって干潮の時間が変わるので、事前にチェックしてから行きましょう。
満潮と干潮の時間
小豆島国際ホテル
大切な人と手をつないで
「大切な人と手をつないで渡ると、願いが叶う」
このエンジェルロードで手をつないだカップルは幸せになれるというジンクスがあります。朝や夕方なら人も少なくておすすめです。
絵馬に願をこめて
願いのハート型絵馬は小豆島国際ホテル、ホタテ貝絵馬は小豆島とのしょう観光協会にて販売されています。私もマジックをお借りして書いてみましたよ。
なんて書いたかはこの後のお楽しみ・・・
ハート型絵馬 ホタテ貝絵馬
360度瀬戸内海
渡ってみよう
絵馬を持って、いざエンジェルロードへ!白い砂浜がとてもロマンチック。エンジェルロードの上では360度瀬戸内海が見渡せます。砂浜はきれいですが、満潮時には海に沈むので貝が多く、岩場もあるので、スニーカーなど歩きやすい靴を履いていった方がいいですよ。
島に着いたら
私の願い事を絵馬に託し、くくりつけてきましたよ。
「素敵な旅になりますように」
素敵な旅になりますように
大切な人と手をつないで 大切な人と手をつないで
恋人の聖地 約束の丘展望台
実は展望台もあるんですよ。この石碑が目印。階段を上っていくと見晴らしのいい展望台があります。小豆島屈指の撮影スポットです。恋人同士で誓いの鐘を鳴らしてみてください。そうそう、足元が滑りやすいので気を付けてくださいね。
エンジェルロードは小豆島の観光スポットの中でも一番と言っていいくらい人気のスポットなので、ぜひ訪れてみてください。
小豆島ツアー