アドベンチャーワールドへの旅行は東京・大阪から和歌山・南紀白浜へ飛行機や特急、マイカーで行くチケット付のホテル宿泊ツアー

テーマパーク&プール > 

アドベンチャーワールド

アドベンチャーワールド
  • アドベンチャーワールドではジャイアントパンダの繁殖に成功。国内でパンダの大家族を見られるのはここだけ。かわいい双子のパンダ「桜浜」「桃浜」にも会える♪
  • 巨大な水槽でイルカとクジラがダイナミックにパフォーマンス!毎日無料で楽しめる人気のアトラクションです。
  • イルカと記念撮影したり、キリンやゾウにごはんをあげられるアトラクション。先着順なので狙いを定めてチケットをゲットしよう!
<2017年 アドベンチャーワールド休園日>
7/5(水)・12(水)・19(水)、9/6(水)・13(水)・20(水)・27(水)

宿泊付JRプラン(往復の電車+宿泊+入園券付)南紀白浜プラン

南紀白浜とれとれヴィレッジ

関西発・JR特急くろしお利用
とれとれヴィレッジ 2日間

白浜シーサイドホテル

関西発・JR特急くろしお利用
白浜シーサイドホテル 2日間

梅樽温泉ホテルシーモア

関西発・JR特急くろしお利用
梅樽温泉ホテルシーモア 2日間

白浜古賀の井リゾート&スパ

関西発・JR特急くろしお利用
白浜古賀の井リゾート&スパ 2日間

宿泊付マイカープラン(宿泊+入園券付)南紀白浜プラン

南紀白浜とれとれヴィレッジ

マイカープラン
とれとれヴィレッジ 2日間

白浜シーサイドホテル

マイカープラン
白浜シーサイドホテル 2日間

梅樽温泉ホテルシーモア

マイカープラン
梅樽温泉ホテルシーモア 2日間

白浜古賀の井リゾート&スパ

マイカープラン
白浜古賀の井リゾート&スパ 2日間

  • パンダ
  • イルカ
名称 アドベンチャーワールド
住所 〒649-2201 和歌山県西牟妻郡白浜町堅田2399
電話番号 0570-06-4481
車でのアクセス 松原JCTから阪和自動車道で約2時間
電車でのアクセス JR白浜駅から路線バスで約10分
営業時間 季節により異なります。詳細はオフィシャルHPをご覧ください。
料金 詳細はオフィシャルHPをご覧ください。
HP http://www.aws-s.com/index.php
その他のパークはこちら
  • 東京ディズニーリゾート
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
  • 富士急ハイランド
  • ナガシマスパーランド

大阪発JR特急くろしおツアーの流れ

  • かわいい動物たちに会える
    南紀白浜アドベンチャーワールドへ

    和歌山にある南紀白浜アドベンチャーワールドは、動物園、水族館、遊園地が一体となった人気のテーマパークです。国内でのジャイアントパンダの飼育数はここアドベンチャーワールドが最も多く、かわいいパンダたちに会えるのが最大の魅力。

  • 特急くろしおに乗り、旅行スタート!

    大阪発宿泊付のツアーは、JRの特急くろしおに乗って天王寺から約2時間半で到着します。京都・新大阪・大阪・天王寺・神戸・西明石・姫路・鳳(日根野)駅から乗車可能!グリーン車も選べるので、詳しくはプランのページをご覧ください。

  • 白浜駅からは路線バスで

    JR白浜駅に到着。
    アドベンチャーワールドへは各自移動となります。JR白浜駅からは路線バスでアドベンチャーワールドへ向かいます。

  • 1日入園券付でお得

    アドベンチャーワールドに到着!
    ビーウェーブのプランは、1日入園券が付いていてお得!
    さらにホテルによって色々な宿泊特典がついていますよ♪
    アドベンチャーワールドでは、動物たちとふれあえるだけでなく、
    ジェットコースターなどのアトラクションも楽しめます。

  • 夜はホテルでのんびりしよう

    夜はホテルでゆっくりお過ごしください。
    白浜といえばやはり温泉が有名。
    1,300年の歴史を誇る白浜温泉を満喫してください。

  • 他にも見どころたくさんの南紀白浜

    南紀白浜には、アドベンチャーワールドの他にも白浜にはとれとれ市場や、円月島、三段壁など、見どころがたくさん。
    とれとれ市場では新鮮な海鮮丼などを味わうことができます。
    お帰りの時間まではフリータイムとなっているので、観光したり、お土産を買ったり自由に過ごしましょう。

  • 帰路へ

    復路は往路と逆の流れになります。
    ふたたびJR白浜駅からくろしおに乗り込みます。
    気を付けてお帰り下さい。

大阪から約2時間半で
行けちゃう♪

白浜といえば
やっぱり温泉♪

円月島に沈む夕日は「和歌山の夕日100選」
にも選ばれています!

バイバイ、白浜。
またくるね!