名古屋・中部国際発の沖縄旅行・沖縄ツアーは、飛行機で名古屋(中部国際)から沖縄(那覇)へ行くホテル付のツアーです。

名古屋発

エリアを選ぶ

名古屋から行く沖縄旅行

東海地方在住の方必見!
名古屋発の沖縄旅行はビーウェーブで

夏の国内旅行の行き先で人気が高いのはやっぱり沖縄。沖縄と言えば澄んだ青い空と青い海。見ているだけで心が癒されます。南国リゾートでのんびりと日頃の疲れを癒しませんか?沖縄・那覇空港へは中部国際空港から直行便が出ています。
2005年に誕生した中部国際空港、通称セントレア。成田国際空港、関西空港に次ぐ国内3番目の国際空港です。セントレアとは中部地方を意味する「central」と空港の「airport」を組み合わせた造語で一般公募から選ばれました。名古屋―那覇路線はかつて小牧空港発着で運航されていましたが、中部国際空港ができてからはそちらに移されました。名古屋から沖縄・那覇空港までの所要時間は約2時間半です。ガイドブックを読んだり、軽く寝たりしている間に到着します。
ビーウェーブでは名古屋(中部国際空港)から行く沖縄旅行ツアーを多数掲載中。飛行機はJAL・ANAのどちらかで、便数も多いので希望の出発時間に合わせやすくなっています。宿泊ホテルは北部・中部・那覇エリアから選べます。のんびりしたいなら北部・中部のリゾートホテル、那覇市内で観光やショッピングをするなら那覇のシティホテルがおすすめです。沖縄旅行のベストシーズンは7月・8月。この時期は予約が集中するため、早めの予約が必要です。ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートやホテル日航アリビラといったリゾートホテルも取り扱っているので、ぜひご検討ください。

南国リゾート
中部国際空港

愛知・三重・岐阜から中部国際空港まで
最適なアクセス方法は?

東海エリアの愛知・三重・岐阜の各県から空港までの行き方は主に電車かバスになります。名古屋・岐阜・豊橋からは名鉄を利用します。栄からは地下鉄から名鉄に乗り換えます。名古屋駅から中部国際空港駅までは最短で約28分とかなり近く、岐阜からでも1時間程度で到着します。名鉄名古屋駅からは特急とミュースカイの2パターンの行き方があります。ミュースカイは名古屋駅―中部国際空港駅間を最速28分で結ぶ最優等列車で、特急とは停車駅が異なります。そのため、所要時間はミュースカイが約28分、特急が約35分と差があります。ミュースカイに乗るにはミューチケットの購入(1乗車360円)が必要なため特急よりも割高にはなりますが、鉄道好きの方なら乗らない手はないでしょう。三重の四日市からはバスで約1時間25分。津からは電車で行く方法もありますが、最短で行くなら津エアポートラインの船に乗りましょう。45分で空港にアクセスできます。予約は3ヶ月前から行えます。

中部国際空港へのアクセス

名古屋めしに負けてない?
沖縄グルメを堪能しよう

名古屋といえば名古屋めし。ひつまぶしに味噌煮込みうどん、天むす・あんかけスパなど美味しいグルメがたくさんありますよね。沖縄にだって、自慢のグルメがたくさんあるんです。まず有名なのが沖縄そば。沖縄を訪れた人は必ず旅行中に一回は口にすると思います。ソーキそばも有名ですが、違いはのっているお肉。沖縄そばは三枚肉、ソーキそばはスペアリブがのっています。まだ食べたことのない方はぜひ試してみてください。

沖縄そば

沖縄はアメリカの食文化の影響を受けているため、ステーキハウスもたくさんあります。そのなかのひとつ、キャプテンズインは専属シェフが目の前でパフォーマンスをしてくれるお店です。見て楽しい、食べて美味しいキャプテンズインはお子様にもおすすめ。名古屋には天むすという天ぷらを使った料理がありますが、沖縄の天ぷらは、いわゆる天ぷらとはちょっと違います。衣に卵をたっぷり使うため、フリッターのようなフワフワの衣なんです。もずくの天ぷらやゴーヤの天ぷらなど沖縄らしい天ぷらもあり、地元の人たちはおやつ感覚で食べられるそうです。価格もとってリーズナブルなので、小腹がすいたら天ぷらをつまむのもいいですね。

海

夏休み・お盆休みの国内旅行
早めの予約で沖縄旅行を満喫しよう!

待ちに待った夏休みにお盆休み!夏の国内旅行の行き先で人気なのはやっぱり沖縄です。海でのマリンスポーツや絶景スポット巡り、沖縄グルメを満喫など考えるだけでわくわくしてきます。海水浴のベストシーズンである7・8月は沖縄への旅行者が集中するため、早めのご予約は必須。当然いいお部屋からどんどん予約で埋まってしまいます。春のうちから計画を立てて、泊まりたいホテルをきっちり抑えましょう。オーシャンビューのお部屋から見える景色は格別。リゾートホテルでのんびり何もせず過ごす時間だって旅行の醍醐味です。早めにお申し込みすれば割引が適用になるプランもあるので要チェック!

那覇市内の観光はゆいレールが便利
レンタカーなしで沖縄を楽しむ

電車が走っていない沖縄。旅行中の移動手段は車やバスしかありません。車を運転できない人にとってはレンタカーを利用できないので、沖縄に行ってもあんまり楽しめないかも…そんな風に思っていませんか?もし沖縄本島を隅々まで周りたいのであれば、運転できる人と一緒に行くのが一番ですが、沖縄の那覇市内をメインに観光するのであれば問題ありません。那覇市内にはモ「ゆいレール」というノレールが走っています。「ゆい」は沖縄の方言で助け合いを意味する「ゆいまーる」という言葉から由来しています。このゆいレールは那覇空港から出ているので、飛行機から降りたらまず宿泊ホテルの最寄り駅まで移動しましょう。人気の観光スポット、首里城や国際通りへも行けるので、買い物に観光にじゅうぶん沖縄を満喫できます。車だと渋滞する心配がありますが、ゆいレールをうまく活用すれば時間を有効に使った旅行ができて大変便利です。

ゆいレール
国際通りへ行くなら…

たくさんの飲食店や土産物店が立ち並び、観光客で賑わう国際通り。毎年8月の第一日曜日にはエイサー踊り、秋には伝統行事の那覇大綱挽などのイベントが行われたりもします。国際通りへは県庁前駅・美栄橋駅・牧志駅のいずれかで降りましょう。