スタッフが実際に円月島に行って現地をレポートします。

南紀白浜への旅行TOP > 現地レポート > 

円月島

円月島

円月島

南紀白浜のシンボル 円月島

円月島(正式には高嶋)は白浜町の臨海浦に浮かぶ島です。大きな台形の岩の真ん中にぽっかりと空いた穴(海食洞)が開いていることから円月島の名がついたそうです。またその特徴的な形から南紀白浜のシンボルとして親しまれています。

円月島

日本の夕陽100選に選ばれています

日本の夕陽100選に選ばていれる円月島の夕陽ですが、春分の日と秋分の日前後の数日が特に綺麗に見えるそうです。天候が良ければ年間を通して楽しめますのでご安心ください。ちなみにこの写真は2016年3月21日の春分の日に撮影したものです。

円月島

年に数回しかないチャンスとあって多くの人が海岸沿いに集まっています。本格的な撮影を考えられている方は早めに行って撮影ポイントの確保をおすすめします。

円月島

まだかまだかと待つ人々…

円月島

もう少しで円の中に夕陽が落ちそうです。

円月島

少し重なってしまいましたが…(笑)。それでも自然が作りだした情景に起こる奇跡のような瞬間を目の当たりにすることができ、とても感動しました。