2019年4月27日に催行された、「香住・ジオパークフルマラソン大会」のレポートをご紹介します。

香住旅行

  • ジオ旅
  • 海水浴
  • かに旅

香住旅行TOP > 香住・ジオパークフルマラソン大会 レポート

香住・ジオパークフルマラソン大会 レポート

香住・ジオパークフルマラソン大会

2019年4月27日(土)に開催された香住・ジオパークフルマラソン大会の様子をレポートします。ビーウェーブでは、宿泊付きの往復バスプラン、マイカープラン、往復バスのみのプランをご用意。今回は大阪から朝発のバスで現地へ向かいました。

西紀サービスエリア

三宮を経由し、西紀サービスエリアで一度休憩を取りました。香住に向かう道中で休憩は1回だけなので気を付けてください。香住に到着したらバスを降りて宿泊施設に向かいましょう。宿が徒歩圏内でない場合は送迎もあるので、安心してご参加ください。

カニのかぶりものをしているランナー

マラソン会場に到着し真っ先に目が行くのは、香住ジオパークフルマラソンのスタート、ゴールのアーチです。アーチの向こうで大漁旗が潮風でなびく様子はとても圧巻で、スタートする前から楽しませてくれます。さらにランナーの方も様々な格好で参加していて、思わず一緒に写真を撮りたくなりました。

まず会場に到着したら必要なものだけを身に着け、残りの荷物は会場にある手荷物預かり所に預けましょう。

マラソン大会のスタートの様子

2,000人のランナーが一気に駆け出す

午前9時、さあいよいよスタートの時間です。フルマラソン、途中下車(33.551kmのコース)合わせて約2,000人が一斉にスタート!ランナーたちが走り出していく姿は圧巻で、応援をしている側も緊張で手に汗をかきました。

カニ雑炊の看板

ランナーにはうれしいご褒美もあり

走り終わられたランナーのために、会場では炊き出しも行われていました。早速中にお邪魔してみると、優しいボランティアスタッフの方々が出迎えてくださいました。

ランナーに振る舞われたカニ

なんとフルマラソンと途中下車の方にはカニが振る舞われていました。大きくてとても食べ応えがありそうでした。カニの他にはホタルイカもありました。

炊き出しのカニ雑炊

美味しい炊き出しあり

こちらはできたてのカニ雑炊。1杯いただけたので、早速ひと口食べてみると… カニの出汁がたっぷり出たあっさりした雑炊で、何杯でもおかわりして食べたくなるほど美味しかったです。思わず笑顔になってしまいました。やっぱり新鮮だと味も違うみたいです。

サザエのつぼ焼き

これは、香住で取れた大きなサザエのつぼ焼きです。海を眺めながら食べると美味しさもアップしそうですね。サザエ好きの方にはとてもうれしいサービスです。

トレーナーブース

トレーナーブースでは、有料でスポーツマッサージやテーピングの施術が受けられます。

参加賞の魚の旨干し・海苔・梅ジュース

うれしい参加賞もあります

スタート地点のすぐ近くに参加賞引換所があり、走る距離によってものは違いますが、魚の旨干しや、海苔などがもらえます。こんなに美味しいものが参加賞でもらえるならランナーの方も力が入りそうですね。

古民家カフェ「岡見」

古民家カフェでほっと一息

マラソンを早く完走したした方は、香住の海を眺めながら美味しいコーヒーを飲んで一息ついてみてはいかがですか?ゆっくりしたい方におすすめなのが「岡見」です。景観抜群の築約90年の古民家をカフェにされているので、懐かしい雰囲気を味わうことができ、窓際の席から海を一望できます。

かすみ矢田川温泉の外観

帰る前に温泉でゆっくり汗を流そう

マラソンの後は温泉でさっぱりしてから家に帰りましょう。ここ「かすみ矢田川温泉」は山に囲まれた温泉施設。バスツアーに参加された方は会場を出発してからこの温泉で1時間ほど入浴時間があります。露天風呂からの景色はとてもきれいなのでぜひ入ってみてください。

道の駅ようか

お土産はここで

バスはかすみ矢田川温泉を出発した後、「道の駅ようか」に立ち寄りました。ここは多くのお土産を揃えており、地元で収穫された野菜なども安く販売されています。バスツアーで参加の方は、ここが最後の休憩場所になるので注意しておきましょう。

香住の美しい海沿いの景色を見ながら走るこのマラソン大会は、毎年4月に開催されます。80mの高低差を味わうことができる日本で唯一のフルマラソン大会でもあります。興味を持たれた方は、ぜひ来年の香住・ジオパークフルマラソン大会に参加されてみてはいかがでしょうか。