山陰海岸ジオパークに認定された香住・香美町の、観光スポットやグルメスポットをご紹介します。

香住旅行

  • ジオ旅
  • 海水浴
  • かに旅

香住とは兵庫県北部の日本海に面した漁師町です。
冬は松葉がにや紅ずわいがにの産地として知られ活気にあふれます。また、断崖がそびえ立つ海岸では、火山岩や地層などが見られ2010年には山陰海岸が「世界ジオパーク」に認定されています。

  • 余部埼灯台
  • 余部橋梁
  • 道の駅「あまるべ」
  • 三田浜海水浴場
  • 香住浜海水浴場
  • 岡見公園
  • かえる島
  • 大引の鼻展望台
  • 今子浦海水浴場
  • 香住観光協会
  • しおかぜ香苑
  • かすみ矢田川温泉
  • 香住鶴「福壽蔵」
  • 遊覧船かすみ丸
  • 海の文化会館
  • 香住漁港西港
  • ゆうなぎの丘
  • 佐津海水浴場
  • 道の駅「村岡ファームガーデン」
  • 猿尾滝
  • 但馬高原植物園
アクセス

香住に行くプラン

  • 香住マラソン大会

添乗レポート

添乗レポート

香住のことをもっと知る

観る
学ぶ
遊ぶ
食べる
買う
泊まる

ビーウェーブカード始めました

ビーウェーブカード

香美町は兵庫県北部に位置し、山、川、海が揃う自然豊かな町です。冬になると山側ではハチ北、おじろといった関西でも名高いスキー場があり、多くのスキー客でにぎわいます。
一方海側では、カニといえば香住!と頭に浮かばれる方も多いように、カニの町として多くの観光客が訪れています。また夏には海水浴などで親しまれています。

そんな香美町全域が山陰海岸ジオパークに加盟されたことにより、世界に認められた町、世界ジオパークの町という肩書を乗せた町になりました。世界の山陰、世界の香美町といっても過言ではありません!!まず旅をする前に、世界に誇れる田舎町ということを頭に置いておきましょう。

かつて日本がアジア大陸の一部だったことはご存じの通りでしょう。それが大地のダイナミックな動きにより割れて、 日本列島が大陸から分裂し”日本海”ができました。

日本海の大きな特徴ともいえるのが、巨大な「くぼ地」です。”巨大なくぼ地=水深が深い”とイメージして頂ければ分かりやすいかと思います。現在の日本海の中心部はとても深く、一番深い地点で3742mです。逆に、隣接する海とつながる海峡の水深は50~140mと浅いので、海水の交換が表層のみに限られます。ということは、水深が深い場所に温かい暖流(対馬暖流)が入り込むことはなく、水温が低いまま保たれているのです。それに加え、日本海はプランクトンが豊富な好漁場なので、年間を通じて山陰海岸の豊かな海の幸を支えています。

日本列島形成史
日本列島形成史

山陰海岸ジオパークは、冷たい海に住むカニなどの魚介類、温かい海に住むブリなどの魚介類、両方を楽しむことのできる海のパラダイスといえます。そして、その山陰の中でも名高い「香美町香住」をビーウェーブではお客様に楽しんで頂こうという訳です。知っていると一味違った楽しみを持って旅ができると思いますよ!それでは冬の香住で楽しく、美味しいジオ旅をお楽しみください♪