実際に歴史ゆかりの地に足を運び現地レポートとして公開しています。今回は船渡御についてレポートします。

2017年 船渡御レポート(和田編)

船渡御

北浜駅から集合場所へ

こんにちは!ビーウェーブの和田です。今回は天神祭のフィナーレをかざる船渡御2017に参加してきました。
大阪に来て約10年の私ですが、お恥ずかしい話、天神祭には1、2回ほどしか行ったことがありません…。ましてや船渡御なんて…。という訳で日本三大祭りの天神祭船渡御レポートスタート!!

船渡御

今回私たちは北浜駅(京阪電車・大阪メトロ堺筋線)からのスタートでしたが、集合場所までは天満橋からもアクセス可能です!北浜駅から向かう場合は、29番出口を出てください。

船渡御

地上に出たら天満橋方面に歩いていきます。距離にして約200m、徒歩約2分ほど歩くと集合場所に到着します。

船渡御

上を見上げると阪神高速、土佐堀通りの葭屋橋(よしやばし)に差し掛かると…。

船渡御

見えてきました!船渡御の出発場所の河川公園(ふれあいの岸辺)です!

船渡御

大阪府旅行業協会の旗が見つかればもう安心!

船渡御

階段を下りて…。

船渡御

集合場所へ到着です。

船渡御

受付を終わらせて乗船

到着後まずは受付へ行きましょう。私たちは間際での予約だったので当日に半纏や記念品を受け取りましたが、基本的には事前発送でお客様の元へお届けとなります。

船渡御

もらえるものは乗船券、海運橋、ハッピ、うちわ、鰻弁当、おつまみ、お茶です。まずは半纏を着ましょう。

船渡御

じゃーん!似合ってますか!?(笑)半纏を身にまとうだけで祭りに参加している気分がより一層高まりますね。

船渡御

ちなみに後ろはこんな感じです。

船渡御

そしていざ乗船!!

船渡御

私たちの席は後ろだったので、この写真で全体の様子がお分かりいただけると思います。
どうですか?この人数!!船は300人乗りですが超満員です!

船渡御

一緒に参加したビーウェーブスタッフのひとみ姉さんと「ハイ、チーズ!」。17時を過ぎいよいよ出発であります!

船渡御

出航後の楽しみ方~いくつもの橋を通過する~

そもそも船渡御とは、ご神を船に乗せて川を渡る天神祭の神事の一つです。天神祭では多数の船が川を渡りますが、全てに御神体が乗っている訳ではありません。ビーウェーブでお申込みいただける船渡御プランは、御神体が乗っている御金幣船に乗ることができるというところがポイントです。より祭りを楽しんでいただけるのでは!?

船渡御

いざ出航~♪船渡御のコースは天神橋~天満橋~桜宮橋~源八橋~都島橋~飛翔橋を往復するコースです。

船渡御

まずは天神橋を通過します。

船渡御

橋の下を通ることって船に乗らないとできない体験ですよね。意外と迫力があって楽しいです!ちなみにこれからいくつも橋を通過するのですが低くてのぼり旗を降ろさないと通過できない橋も!

船渡御

その際は端に座ったお客様はこんな感じでご協力お願いします!

船渡御

橋を通るときに上を見上げると青色と白色の幕が必ずかかっています。これは神様の通り道を見下さないよう配慮して幕が掲げられているそうです。

船渡御

出航後の楽しみ方~食べたり飲んだり~

実はこの船…。飲み放題なんです!!生ビールや缶チューハイ、ソフトドリンクなど飲めない方でも安心です!※ドリンクは在庫がなくなり次第終了です。

船渡御

乗船の際にもらったおつまみを片手に。暑いのでビールが進みます!(笑)

船渡御

そして夏に食べたくなる鰻弁当を食べられるのも船渡御の楽しみのひとつです!早速いただきまーす!!

船渡御

「う、うまい!」ついつい「おかわり!」と叫びたくなりましたがおひとり様一つです(笑)。船の上で食べる弁当は一味も二味も違います!

船渡御

出航後の楽しみ方~色んな船とご挨拶~

この船は「どんどこ船」と言います。中ノ島周辺から道頓堀川までを漕ぎまわる船で、船渡御の列には入りません。神様が通る道をどんどこ船が盛り上げてくれます!船渡御乗船中はよく目にする船の一つです。

船渡御

うなぎ弁当をいただきます

「能」と書かれた船が!よく見ると本当に船の上で能を演じています!見た目の通り「能船」といいます。

船渡御

こちらは舞台船。音頭に合わせて女性が踊っています。

船渡御

火事!?いえ違います!篝講(かがりこう)と言われる船です。迫力のある炎は見る人を魅了します。

船渡御

行き交う船と大阪締めでご挨拶。「打ちま~しょ。パンパン」「もひとつせ~。パンパン」「祝うて三度。パパン パン」

船渡御

出航後の楽しみ方~花火と夜景を楽しむ~

日も暮れて夜店の灯が水面に光ります。遠くから「ボンッ!ボンッ!」と大きな音が聞こえます。天神祭といえばやっぱり花火が見どころですよね。

船渡御

なんと!船の上からだとこんな近くに花火を見ることができるんです。迫力がすごい!

船渡御

可愛らしい花火も。

船渡御

舞台船の灯も何やらロマンチックになってきました。

船渡御

奥には大阪のシンボルのひとつ大阪城が見えてきました。天神祭を見守っているようにも感じます。

船渡御

あっという間の4時間の船旅

約4時間の船旅もいよいよ終わります。飲みながら食べながら天神祭を満喫できました。

船渡御

今年こそは船渡御をお考えの方!満席になる前に早めに申し込まれることをおすすめします!皆さんのお越しをお待ちしています!