今回は戦国時代の覇者・織田信長の足跡をたどる旅を中井均先生の解説を聞きながら巡ります。

織田信長の足跡をたどる旅

戦国時代の覇者・織田信長の足跡をたどる旅
~近江の城郭と近江支配から天下統一への道のり~

ツアーの概要

安土城

戦国時代最初の覇者となった織田信長。その信長の天下統一への重要な鍵を握る近江のポイントを全7回に分け、専用バスにて周遊します。専用バスでまわるため、1日で広い圏域を楽々とめぐることが可能です。
また、個人では「興味はあるが行きづらい」・「専門家の話を聞き知識を深めたい」などの問題を解決!このツアーでは、講師として、城郭研究の第一人者であり戦国時代近江の歴史に熟知した、滋賀県立大学教授・中井均先生が同行します。そのため、一般のガイドさんからではなかなか教わることのできない貴重な解説を聞きながら、織田信長の足跡をたどっていきます。中井先生の詳しい解説・案内により、現地訪問はさらに楽しみが深まり『知的好奇心』を満たす旅となること間違いありません。

旅行代金(大人おひとり様)各回につき14,800円

催行日
9/7(月)、10/12(月)、11/25(水)、12/9(水)、
2016年 1/20(水)、3/9(水)、4/13(水)
  • ◆最少催行人数:15名
  • ◆添乗員:全行程同行いたします。
  • ◆昼食:1回
  • 専用バスで回るので広い範囲を楽にめぐることできます!
  • 講師として、城郭研究の第一人者、滋賀県立大学教授の中井均先生が同行します!
  • 当社の専用コースマップと各場所の解説を配布!

テレビでもおなじみの中井 均 (なかい ひとし)先生

滋賀県立大学人間文化学部教授

1955年大阪府生まれ。龍谷大学文学部史学科卒業。(財)滋賀県文化財保護協会、米原町・米原市教育委員会、長浜城歴史博物館館長を経て、2011年に滋賀県立大学人間文化学部准教授。2013年度より現職。滋賀大学、金沢大学、高知大学などの非常勤講師も務める。専門は日本考古学で、特に中・近世城郭の研究、近世大名墓の研究。主な著書は『近江の城 –城が語る湖国の戦国史-』(著書:サンライズ出版)、『図解 近畿の城郭Ⅰ・Ⅱ』(監修:戎光祥社)、『中世城館の考古学』(編:高志書院)、『カメラが撮らえた 古写真で見る 日本の名城』(共著:KADOKAWA)など。

ツアー参加時の服装について

このツアーではかなりの距離、また高低差のある山道を歩く場合があるため、動きやすく歩きやすい服装(虫よけ対策として、肌の露出は少なめが◎)でお越しください。

くつ
履き慣れたトレッキングシューズ、ウォーキングシューズ、運動靴など。
持ち物
リュックサック、雨具、帽子、飲み物、汗拭きタオル、虫よけスプレーなど。

ツアーの一覧