八丈島旅行は東京・竹芝桟橋からフェリーで、羽田空港から飛行機で、伊豆諸島・八丈島へ行く宿泊付の格安ツアーです。

  • ふれあい牧場
  • 南原千畳敷
  • 八丈富士
  • みはらしの湯
  • ユウゼン玉

八丈島について

八丈島がどこにあるか知っていますか?東京から南へ287km、ふたつの火山が合体してできたひょうたんの形をした島が八丈島です。伊豆諸島のひとつでもあります。

八丈島へは飛行機なら羽田空港からわずか55分、船なら10時間20分で到着します。島の年間平均気温は18.1℃。黒潮の影響を受け高温多湿な八丈島は、東京でありながら「日本のハワイ」とも呼ばれるほど温暖な気候です。その魅力は海、山、温泉、島グルメ…。気軽に島旅を楽しみたいなら、八丈島へ行ってみるのはいかがですか?

トレッキングを楽しみたいなら、伊豆諸島最高峰の八丈富士(標高854m)へ。1,280段ある階段を登れば、火口丘に到着。火口丘をぐるっと1周する「お鉢巡り」も体験できます。七合目にあるふれあい牧場は、展望台から市街地を一望でき、また飛行機の離着陸を見ることができるイチオシの観光スポット。

海ではダイビングやシュノーケリング、サーフィンといったアクティビティが楽しめます。家族連れには島最大の海水浴場、底土ビーチがおすすめ。

八丈島の代表的な郷土料理といえば島寿司。わさびではなく、からしをつけて食べる島寿司は、島で捕れる新鮮な魚を醤油ベースのタレでヅケにして、やや甘味の強い酢飯で握ります。他にも、島内には和・洋・中のレストランやカフェが多いため、食事に飽きることがありません。

旅の疲れを癒すにはやっぱり温泉。八丈島には足湯も含め7か所の温泉があります。海に面した高台にある「みはらしの湯」には2種類の露天風呂があり、日によって男湯と女湯が入れ替わります。目の前には青い海が広がり、抜群の開放感が味わえ、夜には満点の星空が楽しめる日もあります。

八丈島へは飛行機なら羽田空港から、船なら竹芝桟橋からアクセス。日本にいながら南国気分が味わえる島旅へ出かけてみませんか?

アクセス

八丈島を知る

八丈島ふれあい牧場

八丈島ふれあい牧場

八丈富士の七合目にある牧場。かわいい牛たちと間近でふれあうことができます。飛行機の離着陸も見ることができます。
【入場料】無料
【定休日】 年中無休

三原山

三原山

標高700mの三原山はいくつかのハイキングコースがあり、気軽に登山が楽しめます。舗装された「山頂遊歩道」は約2kmの初心者向けコース。

ふるさと村

ふるさと村

八丈島の伝統的な民家を修復し、保存しています。八丈島での昔の暮らしを知ることができます。
【入場料】無料
【営業時間】12:30~15:30(接待あり)
※施設は日中自由に見学可能
【定休日】 年中無休

南原千畳敷

南原千畳敷

八丈富士の噴火の際に流れ出た溶岩が海に流れ落ちてできた溶岩台地。関ヶ原の戦いに敗れここへ流された宇喜多秀家と、正室の豪姫の像が並んでいます。

玉石垣

玉石垣

暴風雨の多い八丈島では、住居を守るために溶岩又は玉石の石垣を作り、その上にツバキやシイなどを植えて防風林を作っていました。陣屋(島役所)跡の玉石垣は島で一番古く、その美しさは秀逸。

みはらしの湯

みはらしの湯

露天風呂と展望風呂があり、太平洋と八丈島灯台が見渡せます。休憩スペースもあるので、のんびりご利用いただけます。
【料金】大人500円、小学生200円 
【営業時間】10:30~21:30(入場は21:00)
【定休日】 火曜日

足湯きらめき

足湯きらめき

無料で入れる足湯。天気が良ければ、目の前に美しい太平洋を望むことができます。
【営業時間】11:00~21:00 年中無休

島寿司

島寿司

わさびの代わりにからしを使い、醤油でヅケにした魚をやや甘めの酢飯で握る、八丈島を代表する郷土料理。

ハイビスカス

ハイビスカス

情熱の花といわれる真紅のハイビスカス。5~11月、島の至る所で、赤・ピンク・黄・オレンジ…と色鮮やかに咲き乱れています。

八丈島について