東京ディズニーリゾートへの旅のオリオンバス安全運行への取り組みです。格安航空券からスキーツアーや小豆島旅行など季節限定ツアーまで、お得な国内旅行が充実!

ご利用の諸注意

国内旅行のビーウェーブ > お客様サポート > ご利用の諸注意 > 東京ディズニーリゾートへの旅 > オリオンバス安全運行への取り組み

オリオンバス安全運行への取り組み

注意事項

オリオンツアーでは「安全」を最優先の価値と考え、安全運行確保に取り組んでいます。

オリオンバス安全運行協議会の開催
オリオンツアーでは、高速ツアーバス事業における安全運行の確保を強化するため、2006年より発足した協定バス情報交換会を発展させ、現在は年2回、「オリオンバス安全運行協議会」を開催しています。協議会では、オリオンツアーで定める「安全&品質管理基準」をもとに、安全運行管理の徹底、サービス品質の向上を図っています。企画実施会社である当社と運行バス会社との協議だけでなく、各種団体からの講師を招き、安全はもとより、接遇・マナー講習を実施し、さらなる「安全運行・品質向上」に努めています。
安全調査について
当社社員が運行バス会社の安全調査を定期的に実施しています。出庫前のバス会社にて、適切な運行管理・乗務員の労務管理・車両点検がなされているかの確認、また運行路線に乗客として乗車し運転・アナウンス・その他お客様へのサービスに問題が無いかどうかの確認を行っています。この調査結果をもとに、より安全で快適なサービスを提供するために役立てています。
運行経路の確認について
当社運行スケジュールに沿った運行指示書を運行管理者が作成します。バス出庫前に運行管理者または補助者が乗務員に運行指示書を渡し、経路・休憩場所・到着予定時刻を確認し指示します。合わせて運行経路の渋滞状況・チェーン規制等の確認も行います。万一、出庫後に渋滞・事故等で経路を変更する場合には、事前に運行管理者に連絡を入れ指示を受け、当社緊急連絡窓口に報告をしてから経路変更をいたします。
乗務員の人数について
従前は、関東⇔仙台、新潟、名古屋の夜行便3路線のみ1名または2名運行となっていましたが、2012年5月22日より、当社新基準にもとづき、夜行便は全て2名運行となっています。
    オリオンツアーの基準 高速ツアーバス連絡協議会の基準 国の基準
夜行便 運行距離 運行距離に関係なく交替運転士の配置を必須とする。 実車走行距離400km以上は交替運転士の配置を必須とする。 走行距離670km以上は交替運転士の配置を必須とする。
運行時間 運行時間に関係なく交替運転士の配置を必須とする。 2日間の平均9時間 2日間の平均9時間
昼行便 運行距離 実車走行距離500km以上は交替運転士の配置を必須とする。 走行距離670km以上は交替運転士の配置を必須とする。 走行距離670km以上は交替運転士の配置を必須とする。
運行時間 2日間の平均9時間 ※1 2日間の平均9時間 2日間の平均9時間
※1.運行会社の運行管理者に委託し、適切な労働時間(運転時間)を保つよう指示しています。
運行時の速度について
いかなる場合も法定速度を遵守します。当社では高速ツアーバス運行時の速度を下記の通り定めました。
一般道の場合・・・法定速度内
高速道の場合・・・安全運行速度90km(一部制限区間を除く)
※安全運行維持のためやむを得ない場合は法定速度内にて。
安全で快適な運行のためのお願い
当社では、お客様に安全・快適に移動していただくため、DVD・CD・印刷物等で「安全で快適な運行のためのお願い」をご案内しています。お客様がバス車内にて安心してお過ごしいただけますよう、シートベルトの着用をはじめ、各種のご協力をお願しています。